Analog-Line
Web Site
WHATEVER HAPPENS

Diary

2011

2011年10月25日
少し前に、久しぶりにライブへ行ってきました。「宮内優里」という人なんですが前から演奏方法が面白いなぁなんて思ってました…。
そんなときたまたま埼玉に来るって聞いて、しかも開演時間が夜じゃなく日中だし、場所も千木屋という通常はCafe屋さんで、定員も少人数限定。人混みが苦手な自分にとっては好条件でした。
ライブも座りながらでゆったりと聴くことが出来ました。
見に行くまではきっちりとしていてかたそうな勝手なイメージをつくっていましたが実際にはまったくの逆でした。
ライブでもクリックを聴きながらのカッチリした演奏方法にもかかわらずその場の環境を柔軟に取り入れながら和やかな雰囲気をつくっていました。
何より本人が楽しそうで自分たちもまたいつかライブやれたらおもしろいだろうなぁ…なんて思った一日でした。
(金田 俊哉)
2011年09月21日
この間、ラジオから流れてきた音が心地よく、久しぶりにCDを買いました。
こんな事は滅多になくまれな事なんだけど、以前にSeals&CroftsのSummer breezeが流れてきた時はかっこいいなぁと思い購入した事がありました。
今回はBibioのhaikuesque (when she laughs)って曲と、
The Radio Deptのheaven's on fireって曲。
それと友人から勧められていたBon Iverもついでに買いました。
久しぶりの新鮮な音に毎日の通勤時間が楽しみな今日この頃です…。
(金田 俊哉)
2011年09月08日
前回のデモを聴きこんで色々とアレンジを試みるも何か微妙。
で、結局一番最初に近いものに落ち着くと思う。多分。

ここ最近(2年位)はapogee中毒です。

きっかけは2年前(だと思う)にテレビで観たひたちなかのロックフェスティバルです。
参加したバンドやアーティストがダイジェストで放送されていて、apogeeは夜間飛行をやってて、これは!と思い、すぐに購入しました。
The SniperとかHeart of Goldとかは特に良いかなと。

(小島 亮)
2011年09月02日
色々とあってなかなか集まれずにいました。よってここの更新も滞っていましたが…。
先週にやっと集まる事が出来て、早速新しい曲で遊びました。
シンセサイザーな感じを入れつつバンドサウンド?なのか?どうなのかわかりませんが、結構面白くなりそう。
(小島 亮)